ninnaji_0072.jpg

いけばな
御室流華道
​総司庁

世界遺産で触れる日本文化の粋

 
ninnaji_0021.jpg

御室流とは

御室流は世界文化遺産、総本山仁和寺を創建された初代門跡、第59代宇多天皇(寛平法皇)を流祖と尊崇し、伝承されている華道流派です。

仁和寺は、中世には世間の名匠、技芸練達者に称号を授与し、文化発展に寄与してきました。近世になりこの称号を授与された花道家が集まり御室流を支えることになり今日の隆盛をみるに至っています。
 

その流風は古典技法を伝承すると共に、自由ないけ花表現の道をも開き、豊かな感性の涵養をめざし、次代にいけ花の美しさと、いけ花を求める心を継承していくことを目的とした流派です。 

 
1.仁和寺門跡 御室流家元 瀬川大秀.jpg

​家元ごあいさつ

御室流 家元
総本山仁和寺第51世門跡
瀨川 大秀 大僧正

 今日まで伝え守られる御室流華道は、仁和寺開創宇多法皇を流祖と仰ぎ、輝かしい伝統を有しています。


 是非、御室流華道の歴史に触れていただき、さらに「花は華なり、心なり。」 の言葉のように、花は私達に人生の深さ、素晴らしさを教えてくれます。

 

 唯、花は与えられた場所で自らの命を輝かせています。私達も花のように、命を大切に日々豊かな人生を歩もうではありませんか。

 

​華務長ごあいさつ

御室流 華務長 小田 美風

御室流は寺院を家元とする流派で、花技、花芸を伝授することはもちろんのこと、ただ論理や技芸などの理屈だけではなく、素直に華を愛する心を育み人のあるべき道を求める流派です。

未熟ではございますが、いけばなの発展のため少しでも貢献できるよう精進いたします。

小田華務長.JPG
 

今年の御室桜は4月8日に満開を迎えました。仁和寺にご参拝くださいました皆様に心より御礼を申し上げます。​

P4070049.JPG
 
 

御室流年間行事

​伝統のいけばなをご覧いただけます

IMG_2242.jpg

生初式

令和4年1月6日(木)に

仁和寺御殿内 宸殿において行われました。

来年の生初式は令和5年1月6日(金)の予定です。​

流祖奉献全国挿花大会​

令和4年度 開催日

令和4年5月15日(日)~16日(日)

​10:00~16:00

開催場所

​仁和寺御所庭園(御殿)

【式典日時】

15日(日)11:00~献華式 14:00~親授式 

於:宸殿

16日(月)14:00~華供養会

於:金剛華菩薩前(雨天の場合は宸殿

時間が変更になる場合があります)

​​※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度は茶席は設けておりません。また、茶室拝観も中止いたします。ご了承ください。

   

ninnaji_0255.jpg
A_007_edited.jpg

秋の華会

毎年11月に仁和寺御所庭園において開催しております。

令和4年の開催日程については、決定次第おしらせいたします。

 

年間行事詳細はこちら
 

御室流全国教室案内

北海道、東北地方には御室流の支部はありませんが、当HPに掲載されていない教室も多数あります。
詳しくは御室流華道総司庁までお問い合わせください。


ピンクの花びら

御室流華道学院

本庁華道教室

アーモンドの木の花

関西エリア

京都・大阪・奈良・兵庫

花のつぼみ

関東エリア

東京・神奈川

ビタミンカラーの植物

北陸・中部エリア

静岡・石川・愛知

オラン・工場

中国エリア

岡山

ひまわりクローズアップ

四国・九州エリア

徳島・高知・福岡・熊本

 

お問い合わせ

御室流華道に関するご質問お問い合わせは下記よりご連絡ください。

〒616-8092京都府京都市右京区御室大内33 総本山仁和寺内

TEL 075-463-1095

FAX 075-467-1411

送信が完了しました。